ナチュラルハーブカラーやヘナなどの植物系カラーをお考えの方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近植物系カラー希望でのお客様が多いのですが、意外と勘違いをされてる方が多いので記事にしようと思いました。

もし良ければ下のリンクから植物系カラーの種類について詳しく説明していますのでご覧になってください♪

植物系カラーの種類についての記事


大分県中津市で髪質改善理論展開中のラフェクレールの和田です^^

今回は久々にナチュラルハーブカラーについての記事を掲載します。

植物系カラーでのよくある間違いが、物系のエキスを混ぜただけのアルカリカラーをヘナやハーブカラーと誤解してるお客様が非常に多いんです。

今回の記事のハーブカラーは

  • 粉末とお水だけで溶き合わせたカラー剤
  • 過酸化水素やアルカリ剤を一切使ってない
  • 化学染料は数パーセントほど使用
  • 準天然植物系カラーである

画像で少し説明させていただきます♪

白髪染めでご来店下さったお客様です。

(初めての方は48時間のパッチテストは必須です)

基本的には白髪量が30%~前の多い所で50%あるかないか?

こちらの方は暗いのが嫌なお客様です。

そして植物系特有の赤みが出るのも嫌な方です。

また頭皮も改善させながらカラーリングをしたいとの要望もあります。

下のリンクからナチュラルハーブカラーの説明に飛べるので、効能など気になる方は是非ご覧ください~

癒しのアロマハーブカラー | 髪質改善美容室ラフェ・クレール 大分県中津市 (lafeeclaire.biz)

 

仕上がりはこちら

全体的には明るく綺麗に染まっていますが、前髪付近の方が明るくて後ろの方が暗く見えるのが分かりますか?

ハーブカラーやヘナだけで染めると黒い毛は明るくなりません。

白髪が多いと明るい色も表現できますが、白髪が少ないと白髪に色が乗るかんじなのでデザインとしてはメッシュっぽくなります。

髪を明るくするには薬品の力を借りないと無理なんですね~

なのでハーブカラーやヘナで明るくすることはできません。(天然成分なので)

条件にもよりますが、白髪の量が多くなれば様々な明るさも提供できます

白髪100%

天然植物系カラーの基本的な考え方は

色味を楽しむカラー剤と言うよりは、頭皮に負担なく、なるべく化学薬品を使いたくないお客様に向けたカラー剤と思ってください♪(一応、綺麗な色も出るようには工夫もしています♪)


それでも明るくしたいと思うお客様へは

頭皮を健やかにとは少し離れてしまいますが

根本はアルカリカラー

毛先はナチュラルハーブカラーで色味を統一させることも提案しております。

これはまた別の機会にでも掲載してみますね^^

是非今後の参考にされてみてくださいませ♪

 

(Visited 74 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です