カラーで髪にダメージがないように色で楽しみたい方必見(カラーアレルギーの方も対応)

大分県中津市で髪質改善の研究してるラフェクレールの和田です。

今回は最近美容業界でも話題になってる「塩基性カラー」についてのお話です♪

当店の髪質改善カラー「デトックスハーブカラー」にも活用できるんですが

塩基性カラーの特性について説明します♪


当店では髪質改善に特化した「デトックスハーブカラー」

カラーやパーマでのダメージにお悩みの方はこちらのブログも是非ご覧ください♪

カラーやパーマ等で髪が傷みやすい人必見!トリートメントは逆効果!?デトックスハーブカラーとは?

カラーで改善。カラーでの考え方は本当に大切です。

ちょっと贅沢なカラー

 

髪の色で遊びたい「デトックスハーブカラーハイブリット」

と2種類準備しています(^^♪

このハイブリットは通常のカラー染料では表現できない色味を作り出せるのですが

次の方々はブリーチなどしてない状態でカラーリングしております♪

9トーンの白髪染め

10トーンのマット(緑)系ファッションカラー

紫8トーンの紫のファッションカラー

10トーンのピンクの白髪染め

8トーンの紫のファッションカラー

8トーンのレッドファッションカラー

基本的には暖色系(赤系)の色味が綺麗にブリーチなしでも表現が可能です^^

アッシュ系も綺麗なんですが、今の流行りのグレーや透明感ある感じにするにはブリーチは必須かな?と感じています。

通常のアッシュはこんな感じです。

10トーンのアッシュ

個人的にはハーブカラーのアッシュの方が綺麗で長持ちするのでお勧めはしています。

このハーブと塩基性染料を組み合わせたハイブリット染料をブリーチした髪に乗せると

ダークグレー

こちらはハイブリットでハーブカラーと塩基性カラー染料を組み合わせたデザインです(^^♪

ブリーチに暖色系も可愛いですね♪

オレンジ

薄い赤(これはハーブカラー単品で作った色でした💦)

さらにはブリーチした髪に塩基性単品で色味を調合すると

薄い紫

ブルー

かなりのバリエーションです♪


この塩基性カラー染料がなんで注目されてるか!?

  • アレルギー染料ではない(ジアミンアレルギーにも対応)
  • トリートメント染料と呼ばれ、アルカリ剤や過酸化水素を必要としない
  • 鮮やかな色味が出せる

髪のダメージの原因にもなる成分が入ってないので、普通のカラーするよりは圧倒的にダメージが少ないです☆彡

もちろんハーブカラーの修復力には及びませんので

髪の修復に重きを置きたいお客様は「デトックスハーブカラー」

髪のダメージは気にならないので色で楽しみたい方は「デトックスハーブカラーハイブリット」

と使い分けて提案しています♪


カラーのダメージが気になる方へ

近場に「植物カラー専門店」がない場合はこの塩基性カラーに特化したお店など探して毛先を染めてもらうと良いかもしれませんね♪

聞き方

「ジアミンアレルギーに対応したカラーで暗く(色味を変えたい)したい」

こう聞けば大丈夫なはずです♪(当店では聞く必要はありません)

ちゃんと使いこなしてる店舗であればナチュラルな色味もありますのでご安心ください♪

結局過剰なダメージの原因は「アルカリ剤」「過酸化水素」なので根本的改善は、これらを使わないカラーシステムは絶対に必要です(^^♪

是非参考にしてみてくださいませ♪

 

くせ毛や縮毛矯正でお悩みの方はこちらをご覧ください♪

カット次第でくせ毛になっちゃうって知ってました?

髪質改善特集。特に難しい癖毛の髪質改善。

髪質改善の考え方

髪質改善と縮毛矯正の関係性

髪質改善と縮毛矯正の関係性2


当店ではコロナ対策も全力で行っています。

お客様はもちろん私たちも安心して働ける環境設備をしっかり整えて営業しております。

コロナ対策については下記の店舗情報よりご覧ください^^

 

店舗情報


持ち運びに便利なオゾンのもポータブル空気清浄機を確保しました

販売数は残り3個(再度4個仕入れてたんですが人気ですぐに売れてなくなりそうです)

欲しい方はご予約も行っていますので宜しくお願い致します。

次回販売予定は11月以降と言われてますので、興味ある方は早めにご連絡くださいませ♪

(税別)8800円

カラーやパーマ等で髪が傷みやすい人必見!トリートメントは逆効果!?デトックスハーブカラーとは?

大分県中津市で髪質改善理論を追求してるラフェクレールの和田です。

 

今回は何故??普通のカラーをすると髪は傷むのか?

何故?当店のカラーは傷まないのか?

むしろカラーした方が艶髪になるのか?

そんな不思議なカラー「デトックスハーブカラー」についてお話できればと思います。

こちらも後で合わせて読んでみてください♪

 

デトックスハーブカラー基本情報

 

なんで普通のカラーは傷むの!?

これは本当に尽きない悩みですよね。

このダメージの原因は

  • アルカリ剤が少量でも使われている
  • 過酸化水素(2液)が使われている

これらの入った化学染料で髪を染めると毛髪内部のたんぱく質を溶かし、髪が空洞化しダメージに繋がります。

根本は薬剤がつく回数が少ないのでダメージも気になりませんが、以前染めてる毛先に使ってしまうと大変です。

毛先に薬剤がつく回数が増えると髪は脆く、また外部の刺激(紫外線、市販のシャンプー等)を受けてダメージが加速します。

なので通常はリタッチ(根本染め)などでダメージをコントロールする必要があるんです。

 

じゃあ色味変えるときはトリートメントでケアしたら大丈夫じゃない?

大勢の方はそう思うでしょうが、実はこのトリートメントする時も少し注意がいるんですね💦

え?トリートメントなのに注意いるの???

あまり知られてない事実なので知らなくて当然かもしれません。

トリートメントの種類も大まかに分かれて2つあるんですが

  1. 被膜形成し、艶を出すタイプのトリートメント
  2. 化学物質を除去するタイプのトリートメント

カラーと一緒にしてよいのは2番の化学物質の除去トリートメントがベストです(`・ω・´)b

1番に関して細かい説明なんですが

被膜形成が行われると艶が出て髪が蘇った感覚になりますが、これが長期持続するトリートメントがカラーやパーマ、縮毛矯正など同時に行うのがNG(その日に被膜が取れる程度なら問題なし)なんです。

髪に作用した化学物質は日ごろのシャンプーの時に汚れと一緒に徐々に髪の外に出ていくと言うメカニズムなんですが、被膜、、、要は髪に蓋をしてる状態になると物質が髪から出れなくなって反応が続き髪が必要以上に傷んでしまうって訳です💦(パーマも同じ原理です)

なのでどうしても被膜形成のトリートメントしたい方はカラーやパーマ後、1~2週間空けてからしてあげると良いかと思います♪

また、髪は科学的根拠に基づいて育んであげれば誰でもこれぐらいは美髪になれます。

 

 

当店で提供したい髪質です。是非こちらもご覧になってくださいませ♪

 

髪質改善の完成形とは?

 

デトックスハーブカラーが優秀なのは何で?

ハーブカラーは粉末と電子水で混ぜ合わせるカラー剤で

  1. アルカリ剤が一切使われてない
  2. 過酸化水素が一切使われてない

このアルカリ剤と過酸化水素を使わないカラー剤で染め続けるだけで、ほぼヴァージン毛(1回も薬剤がついてない髪)に近い状態をキープできます。

そして使いこなしてくると、根本からの白髪染め~毛先用のカラーの色味修正~Wカラーの色味まで幅広く活用できます。

Wカラー(ブリーチあり)

ファッションカラー

白髪染め

 

このように様々な色味や染め方に対応できます(^^♪

また、ハーブカラーで毎回染めるとほぼ100%髪のダメージには繋がりません☆彡(世の中には100%なんて考え方がないので)

そして髪密度を増やし外部からの刺激からも守ってくれるという夢のようなカラー剤になります☆彡

ただ難点は配合が難しく、根本や色味のコントロールのレシピが存在してないと言う事💦

僕も苦労してレシピの定義を完成させたので、まさに奇跡的に使いこなせるようになったと言うわけです(^^♪

その時のブログがこちらです。是非合わせて読んで頂けると嬉しいです♪

 

デトックスハーブカラー完成までの道のり

 

その他にも、髪密度が増えると以前のパーマが復活したり、毛先のダメージが修復したりと毛先の先まで艶々になる不思議な特徴もあります^^

これこそ皆さんが長い間待ち望んだカラーシステムではないかな?と思っています☆彡

まだ試したことのない方はぜひとも体験してもらいたい究極のカラーシステムです♪

 

ハーブカラーと謳ってるカラー剤でも注意して欲しい事がありますので下の記事よりご確認ください。

 

ハーブカラーの判断基準

 

カラーは傷むと言う常識を少しでも覆したく、今も研究検証しております。

皆様今後とも応援宜しくお願い致します~

 

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

カラーやパーマでのダメージにお悩みの方はこちらのブログも是非ご覧ください♪

カラーで改善。カラーでの考え方は本当に大切です。

ちょっと贅沢なカラー

くせ毛でお悩みの方はこちらをご覧ください♪

カット次第でくせ毛になっちゃうって知ってました?

髪質改善特集。特に難しい癖毛の髪質改善。

髪質改善の考え方


当店ではコロナ対策も全力で行っています。

お客様はもちろん私たちも安心して働ける環境設備をしっかり整えて営業しております。

コロナ対策については下記の店舗情報よりご覧ください^^

 

店舗情報


持ち運びに便利なオゾンのもポータブル空気清浄機を確保しました

販売数は5個

残り2個となっています。次回販売予定は11月以降と言われてますので、興味ある方は早めにご連絡くださいませ♪

(税別)8800円

カラーでもダメージなく色んな色を楽しみたい♪

最近のカラーテーマ「いかにブリーチせずに可愛い色を出すか?」

全国でも大人気の塩基性カラーを用いた色味が本当に流行ってる感じですよね^^

今年は結構、暖色系のカラーが来てる感じです☆彡


大分県中津市で髪質改善&薄毛改善&カラーリングに力入れてるラフェクレールの和田です(^^♪

自動計算で色味を鮮やかに、そして細かくコントロールできる仕組みを作ったのですが、中々人気大爆発中です♪

なにより今まで出なかった色味がブリーチなしでも鮮やかに出るってのが中々すごいです^^

また髪質改善カラー「デトックスハーブカラー」とも連携させてるので仕上がりの手触りも中々良きかな☆彡

ファッションカラー

白髪染め

白髪染め、ファッションカラー関係なく色んな色味が楽しめるカラーです^^

何よりアレルギー性が圧倒的に低いので安心安全なカラーでもあります(^_-)-☆


この配合は本当計算が難しく、細かくコントロールする自動計算ソフトを2カ月徹夜し作ったんですが、本当作ってよかったです♪

様々なニーズにも簡単に応えられるので重宝してます✊

皆さんも今年は是非暖色系のカラーも楽しんでみてはどうですか~(^^♪

ナチュラルハーブカラーやヘナなどの植物系カラーをお考えの方へ

最近植物系カラー希望でのお客様が多いのですが、意外と勘違いをされてる方が多いので記事にしようと思いました。

もし良ければ下のリンクから植物系カラーの種類について詳しく説明していますのでご覧になってください♪

植物系カラーの種類についての記事


大分県中津市で髪質改善理論展開中のラフェクレールの和田です^^

今回は久々にナチュラルハーブカラーについての記事を掲載します。

植物系カラーでのよくある間違いが、物系のエキスを混ぜただけのアルカリカラーをヘナやハーブカラーと誤解してるお客様が非常に多いんです。

今回の記事のハーブカラーは

  • 粉末とお水だけで溶き合わせたカラー剤
  • 過酸化水素やアルカリ剤を一切使ってない
  • 化学染料は数パーセントほど使用
  • 準天然植物系カラーである

画像で少し説明させていただきます♪

白髪染めでご来店下さったお客様です。

(初めての方は48時間のパッチテストは必須です)

基本的には白髪量が30%~前の多い所で50%あるかないか?

こちらの方は暗いのが嫌なお客様です。

そして植物系特有の赤みが出るのも嫌な方です。

また頭皮も改善させながらカラーリングをしたいとの要望もあります。

下のリンクからナチュラルハーブカラーの説明に飛べるので、効能など気になる方は是非ご覧ください~

癒しのアロマハーブカラー | 髪質改善美容室ラフェ・クレール 大分県中津市 (lafeeclaire.biz)

 

仕上がりはこちら

全体的には明るく綺麗に染まっていますが、前髪付近の方が明るくて後ろの方が暗く見えるのが分かりますか?

ハーブカラーやヘナだけで染めると黒い毛は明るくなりません。

白髪が多いと明るい色も表現できますが、白髪が少ないと白髪に色が乗るかんじなのでデザインとしてはメッシュっぽくなります。

髪を明るくするには薬品の力を借りないと無理なんですね~

なのでハーブカラーやヘナで明るくすることはできません。(天然成分なので)

条件にもよりますが、白髪の量が多くなれば様々な明るさも提供できます

白髪100%

天然植物系カラーの基本的な考え方は

色味を楽しむカラー剤と言うよりは、頭皮に負担なく、なるべく化学薬品を使いたくないお客様に向けたカラー剤と思ってください♪(一応、綺麗な色も出るようには工夫もしています♪)


それでも明るくしたいと思うお客様へは

頭皮を健やかにとは少し離れてしまいますが

根本はアルカリカラー

毛先はナチュラルハーブカラーで色味を統一させることも提案しております。

これはまた別の機会にでも掲載してみますね^^

是非今後の参考にされてみてくださいませ♪

 

色味も楽しめる白髪染め。髪質改善効果や体にも優しいカラーです。

白髪染めでも色で楽しみたい方はご覧ください~

激しすぎず、でもでも他とは何か違うカラーデザイン♬

ただ白髪を染めるだけなんて勿体ないですよね^^


大分県中津市で最近髪質改善カラーのシステム構築を頑張ってるラフェクレールの和田です^^

髪質改善カラーだけでは物足りなくなってきたので、新たにデザイン性を組み込み

さらにはカラーアレルギーのリスクも下げることに成功した体にも優しいカラーです♬

どんな感じかと言いますと

染める前

  • 8トーンぐらい
  • 白髪染め
  • カラーデザインでも楽しみたい
  • 定期的にインナーカラーやメッシュなども入れてる

仕事柄激しすぎるのはNG

この絶妙な要望で激しすぎず、無難すぎず。。。

なんとも一番難しいところですよね。。。

ってことでカラーリングしま~す。

仕上がりは

室内で見てみると、まあ普通ですね(ここはOK。室内では普通に見えるようにしたかったので)

でもよ~く見るとインナーやメッシュ部分に

淡いピンクパープルが浮き上がってきま~す☆彡

ビビットな色も楽しんでたんだけど、たまには淡い色でグラデーションつけてもいいかな?

と思いお任せだったんで好きにしました(笑)

これが外に出てみると

めっちゃいいやん✌

ちなみにこちらの方は

 

難易度の高い癖毛の髪質改善です

 

この時のお客様です^^

髪質改善も終わり、デザインも綺麗にまとまる様になった方です^^

今ではいろいろなデザインを楽しんでます~

もっとこの仕組みの精度あげて体にも優しいカラーを追求していきます♪

鮮やかな色が出るカラーです。ブリーチなしでも綺麗な色出ますよ~

ブリーチしなくても鮮やかな色味で楽しみたい♪

って方々のために新しいカラーシステムでカラーデザインつくりました~(/・ω・)/

中々いい感じでの発色もし自己満に浸ってます♪

どんな感じで色味が出るかといいますと


大分県中津市でくせ毛やダメージ毛の髪質改善してる美容室ラフェクレールの和田です~

ようやく完成したカラーシステムの試運転を今年から始めたのですが

まあどんな感じで発色するかと言いますと

来た時の明るさは(近い色の別の人を参考にしてます)

これぐらい?(8~9トーンぐらい)

いたって普通の明るさのお客様です~

基本これぐらいだと普通の方法では綺麗に色が出ないわけですが

今回のカラーではこの明るさでも

今回はマイブームのレッドパープルで遊んでみました~

もちろんデトックスハーブカラーのシステムなので髪質改善効果とカラーによるダメージはほぼ0となってます~


前回、12トーンから黒髪にしてたんだけど色に飽きたから明るくしてカラーチェンジしたいと。

でもダメージの事を考えて抜けた色味に合わせてイメチェンしていく事にしました♪

で、今回のレッドパープルはもともと12トーンまであったので、抜けてきたときもいい感じになるように

また色味によって最も発色の良い領域ってのがあります。

今回のレッドパープルは8トーン領域で最高の色味を出すので、そこも計算して提案しました~^^

次回来たときはもっと色が抜けてきてるので、そこはアッシュ系の綺麗な色を提案してみようかと思ってます(`・ω・´)b

色々と色味は作れるけど、まだ試したのは「レッドパープル」か「アッシュ」のみ(笑)

明るくできないけど、色でもっと遊びたい人には最高のカラーですね^^

アッシュ好きな人がたまに緑になっちゃう原因。

皆さん大人気のアッシュ系カラー。

しかし、アッシュでの一番の悩みは、、、

失敗すると緑にっちゃったりしますよね💦

特にハイトーンになればなるほどアッシュは難しくなりますよね~多分8割の美容師さんもそこはいつも悩んでると思います(; ・`д・´)マジで難しいからね。。。

でも緑にならないように心がける事は出来ます♬今回はそんな記事(/・ω・)/


大分県中津市で髪質改善してるラフェクレールの和田です~

最近はカラーシステムの新たな構築も頑張ってます~

そんな中、システムの構築にあたり色彩学をまた勉強し直してるんですが、色彩学はとても奥が深いな~と実感してます。


ところで

緑になっちゃう原因って知ってます?

最近の傾向ではハイトーンカラーのグレージュやミルクティーヘベージュ、アッシュグレージュなどが人気ですよね?

そう。。。

ここで日本人の髪質と関係して、これまでのアッシュって言葉とも絡みあって、緑になる失敗も起きやすくなってきてるんですよね💦

当店でのお客様の要望と実際に行ったカラーデザインを比較をして説明しますね^^

1 シルバーグレー(ダブルカラー)

2 ダークグレー(ダブルカラー)

3 ミルクティーアッシュベージュ(1回カラー)

4 アッシュ(1回カラー)


アッシュ好きの共通する特徴としては

  1. 肌の色が青ベース
  2. アッシュ系が周りからなんか評判いい
  3. 赤が嫌い

こんな感じかな?

パーソナルカラーの関係もあり、大体共通してるお客様が思ってる事だと思います(/・ω・)/

んで緑になる最も大きな原因なんだけど

アッシュ=グレーだと思ってる事が大きな間違いです。

アッシュとグレーは構成する色素違いますからね(; ・`д・´)

この考えがアッシュ好きな人が緑になっちゃう最も大きな要因です。


どんな人がなり易いか?

アッシュが好きな人で、以下に当てはまる人は緑になり易いから

希望の色作った事あるお店を探すか、無難に諦めて他の色を考えてみて下さい。

  • 縮毛矯正やハイトーンでのパーマなどしてる人
  • 毎回ホームカラーで、美容室ではたまにカラーする人
  • 上記2つのどれかを満たし人で、髪が太い(染まりにくい)

これらの人は要注意

注意してても緑になり易い人たちですね💦

機会あれば今後カラーの色彩学を掲載してみますね~

最後まで読んで頂きありがとうございました~

カラーアレルギーのお客様にも対応したカラーシステムが誕生しました。特徴や色味、ダメージについても説明してます。

カラーアレルギーの原因にもなる染料ジアミンを全く使わない、全く新しいファッションカラーシステムが誕生しました。

このカラーも髪質改善カラーの仕組みを十分に取り込んだカラーになります☆彡


大分県中津市で髪質改善理論構築中のラフェクレールの和田です。

冒頭にも上げた様に、これでファッションカラーは3種類目のカラーシステムになります^^

ちょっと計算式が難しいのでソフトに色彩学を落とし込み、パソコンが自動計算してくれる仕組みも作ったので誰でも簡単に僕の色彩学を使ったカラーができるようになりました♪

今回のカラーの特徴を何個かあげると

  1. カラーのジアミンアレルギーにも対応してる
  2. 暗くしたくないけど、今以上明るくもできないけど、なるべく現状の明るさのまま色味だけしっかり変えたい

などが主な特徴ではないでしょうか?

ではお客様でちょうど良い方がいたので提案してみました(^^♪

写真では明るく見える?けど9トーンの明るさでのご来店

ご要望は

  1. 本当は明るくしたいけど、せっかくカラーで髪質改善してきたのでダメージさせたくないけど暗くも嫌
  2. 今回は濃ゆいアッシュを希望
  3. もちろんダメージはさせたくない(何回も言われました)
  4. 黄ばみをしっかり取りたい(見た目がバサバサして見えるのが嫌)

色々とご要望は出てきますが、、、

1と2のご要望で濃ゆいアッシュで明るさを暗くしたくない。。。なかなか難しい事を言いますよね。

基本的にアッシュ系はブルーの色素を使うので、仕上がりは濃くすればするほど暗く見えてくる相関系があるんですが、、、

はい!今回みたいな要望の時に新カラーシステムが役に立ちます(/・ω・)/

要はなるべく鮮やかに色味を変えたいお客様にはベスト^^ついでにカラーアレルギーのリスクも抑えたカラーなんで安心ですね^^

カラーリングの最中はこんな感じ(笑)

なかなかヤバイ色してますね。。。お客様も少しビビってます。。。

僕は検証も何回もしたので安心してますが(笑)

気になる仕上がりは~

黄ばみもしっかり取れて、暗くもならずにアッシュ感も相当でました(/・ω・)/

お客様もアッシュを気に入ってもらえてよかったです☆彡

気になるダメージはほぼ0

根本はアルカリのコントロールはしてますが、毛先に関してはアルカリ剤や過酸化水素も使ってないので全くダメージは起きてません~(/・ω・)/

頭皮の刺激もなく至って順調に狙い通りの色味が出たので僕も満足してます~♪

今後もどんどん髪質改善カラーで激しい色~無難な色味まで幅広く対応していきます♪

植物カラー。知ってて損のない判断基準。

大分県中津市で髪質改善追求してるラフェクレールの和田です(^^♪

ハーブカラーと呼ばれるカラー材でも、その種類が多いって事を知ってますか?

  1. アルカリカラーに植物由来の成分を混ぜたカラー剤
  2. 植物系の粉末にアルカリ剤や過酸化水素使ったカラー剤
  3. 準植物系カラー剤(アルカリ剤や過酸化水素は使いません)
  4. 完全天然成分のみの植物系カラー

大まかに、この4つに分かれると思うのですが

当店のデトックスハーブカラーは3番目の準ハーブカラーに分類します。

基本的に植物系カラーを望む人って健康志向か何かしら頭皮や健康面にトラブルあった方々だと思うんです。

当店のお客様は皆さんそうですし。

健康志向の方や、頭皮や健康面に不安あって、体のために優しい植物カラーを探してる方は

我々美容師もお客様も響きだけで選ぶのではなく

色々ある植物性カラーの中から

  • アルカリ剤が使われてない物なのか?
  • 過酸化水素(カラーの2液)が使われてないか?

まずはこの2点をしっかりお店に問い合わせましょう(^^♪

ジアミンアレルギーではないお客様ならここだけ抑えておけば問題はありません。

是非店頭で確認してみて下さいね♬

注意

初めて植物系カラーを希望される方はパッチテストが必要です。

期間は2日間。

パッチテスト期間も考慮してご予約をお勧めします(^^♪

また植物系カラーについては今後も掲載するので宜しくお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございました♬

 

デトックスハーブカラー完成までの道のり

大分県中津市で髪質改善を追求してるラフェクレールの和田です(^^♪

今回は題名とおりのエピソードにしようかと思ってます。

 

まだ若かりし頃の記事です。

お時間あれば是非目を通してくださいませ(^^♪

 

何でハーブカラーにこだわるのか?

 

デトックスハーブカラーの説明

根本はアルカリカラーでトーンアップ(ジアミンやアルカリは限りなく負担を減らすように組み替えた調合してます)

毛先の明るい部分はアルカリ剤や、過酸化水素未使用の粉末とお水だけで溶いた髪に圧倒的に優しいカラー材で根本の色味に合わせて染めます。

このカラーシステムはカラー回数を重ねるごとに髪がどんどん艶を取り戻すカラーシステムになってます。

根元からハーブカラーを行う人も、もちろん居ます。


デトックスハーブカラーの完成は3年近くかかったんですよね。

とにかく、僕の考えに合うカラー剤がどんどん無くなっていってる状況が事の始まりでした。

この当時

  • ヘナ
  • 香草カラー
  • ハーブカラー
  • その他もろもろ

植物系のカラー剤をどんどん探してまして、、、

理想は

  • 色の豊富さ
  • 匂いの少ないもの

でハーブカラーに目をつけたんです。

ハーブカラーの特徴

  • 色の3原色はもちろん、様々な色もあるので白髪染めだけでなく、ファッションカラーにも対応可能
  • 白髪の染まりもコントロール可能
  • パーマと相性良い
  • 色持ちも優れてる(ブリーチ毛にも抜群の色持ち)
  • 草の香りもない
  • アルカリ剤や過酸化水素が使われてない(中には植物系でも使われてるものがあります)

様々な角度から見て、これほど理想的と思ったものはありません。

ただ一つのデメリットは、、、

配合が激難しいのです💦

  • 色の吸着性が良いって事は、少し配合間違えば暗くなる。
  • 持続性も良いので、暗くなったら明るくなりにくい
  • 自然の物は季節によっては色が不安定にもなる
  • 根本と毛先の色合いを合わせるレシピが存在しない

とりあえず始めたのは

白髪染めのコントロールから。

これは簡単で2週間徹夜でレシピ作って完成しました。

元々植物系のカラーは得意だったので(笑)

なんで自分で作ったかと言うと、、、

メーカーさんにももちろんレシピはあるし

最初に勉強したメーカーさんの講習はとても参考になったのですが、

自分好みじゃなかったので自分好みに変えました(^^♪

物はとても素晴らしいので、是非使いたいと思って導入したってわけです。

あまりに色々な効能が素晴らしいので、ファッションカラーにも使いたいと思ったわけです。

おそらく、この効能を理解してる人はごく少数しか知らないと思う。

そして、この効果を最大限に引き出すにはデトックスハーブカラーの仕組みじゃないと駄目な理由もありました(第2の効能)

第3の効能はデトックスハーブカラーを2~3年続けた人のみ体感できる領域もあります。

ここからが地獄の2年間の始まりでした💦(本当に心折れそうだった)

当時、当店で採用してたカラー剤の廃盤が進み、どんどん色味が減ってる中(これが一番焦った)

様々なカラー剤を探しながら

ハーブカラーファッションカラー(明るい白髪染めにも対応)用の毛先レシピを研究してたのです、、、

(実験は身内です)

研究内容も中々進まないし、良いカラー剤に巡り合わないし、、、

気持ちは焦るばかり💦

2年経っても成果出ないから、、、さすがに少し諦めてたんです。。。

(さらにはハーブって原価高いから実験するにもかなり出費ありました💦)

  • 粉末と水を混ぜる
  • 赤、青、黄色、その他で原色に近いものしかない
  • 色味、明るさはそれら粉末の調合で作るしかない
  • 自然なものは季節により(温度)色合いが微妙に変化する

例えば髪が明るくなっちゃったら、ちょうど良い色に整えますよね?

黒なら簡単だけど、、、

中にはムラになってる人も居るから綺麗に馴染む様に整えますよね?

ドンピシャ―で多種多様の抜け方した髪に対応するのが神業的に難しいんです。

例えば

12トーンまで抜けた人が、今回は8トーンにしたい

12トーンまで抜けた人が、今回9トーンにしたい

12トーンまで抜けた人が、今回10トーンにしたい

メーカーにも基準がないからこれが出来なかったんです💦

そして

12トーンの髪

11トーンの髪

10トーンの髪

これ全部吸い込み方違うからね(笑)

色味が出たり出なかったりと、根元と馴染まないの💦

泣きそうやろ( ;∀;)

色は入り過ぎるは、ビビったら色入らないは、、、

(原色なんで変にビビットな色にもなりやすい)

もうお手上げさ💦

色味や明るさをすべて0から作り上げていかないといけないからです。

しかも、面倒なのが色味により吸い込み方が全然違う。

実戦で使うには絶対に失敗できないので、完璧に使いこなす法則が必要でした。

1から色彩学も学び直しては実験の日々、、、

お客様では実験できないので身内にお願いしてたましたが、さすがに実験回数が足りない。。。

んで気付けば2年経ってたんです(白髪染めはしてましたが)

この頃からマズい事態が起こり始めてたのです。

何かと言うと、、、

ハーブカラー離れ(´;ω;`)ウゥゥ

基本的に植物カラーの染まり方は

  1. 白髪にしか染まらない
  2. 白髪が多いと明るくもできます
  3. 白髪が少ないと暗い
  4. ハーブカラー自体に明るくする力はない

そうです、、、お客様が、、、

暗いのは飽きた~って言い始めたの(´;ω;`)ウゥゥ

当然だよね

デザインやファッションを変えたくて美容室に来てる人も居るから、、、

いくら手触りが良くても、暗いのばかりじゃ飽きる人も居ます。

でも、、、

アルカリカラーだけでは髪が傷むのは目に見えてる状況。。。

植物系カラー離れのお客様の髪はどんどんダメージが進む状況になり、、、、、

自分の無力さも痛感しちゃった事件だったわけです(´;ω;`)ウゥゥ

この時期から徐々にカラー比率は落ち込んできました

この頃はカラー比率30%程度。。当時スタッフも多く、でもスタッフの仕事が減っていく、、、

俗にいう経営難ってやつです💦

さらには髪のダメージが進む事は素材の悪化を意味し

僕のターゲットにしてた客層には大打撃を受けたんです。

  1. 髪がデリケート(傷みやすい)
  2. くせ毛のお客様がメイン
  3. カットだけでは対応不能な状態

この時期はもう美容師としての仕事が全然面白くなかった時期でしたね💦

自分の理想も実現できなかったしね。

このままの自分じゃダメと思って、この頃かな?ヘアリセッターと出会ったんです。

でもでも

頭の片隅には、ハーブカラーのレシピの事はずっとありましたが、死ぬほどヘアリセッターを勉強してました。

この時期ヘアリセッターを通して、自分の目線が急激に変わっていったんですよ。

知らなかった事を知り

今までできないことが可能になり

視点が変わったときに

ハーブカラーに対して閃いちゃったんです( ゚Д゚)!!!!!

まさに美容の神様が舞い降りたと思いました(笑)

しかも朝起きたら、急に閃いたからね(笑)

本当にあの奇跡的閃きには感謝しかありません。

断片的に学び続け、考え続けた理論が急速に繋がってしまった瞬間でした(^^♪

自分の髪で実験したら失敗しましたが、色合いはほぼ想定通り。

これはまさにハーブカラーの理論構築に成功した瞬間です(`・ω・´)b

そっから毎日実験してトーン識別票の完成までいきました(^^♪

諦めたらそこで試合終了ですよ

あの時、諦めてたら今のカラーシステムまでは来れなかった。

世の中には素晴らしい商品や、考え方が多数存在する。

何が一番か?ではなく

何がベストか?

その中で1番になれるように磨いて進化するしかありません。

今は本当に自分の理想の仕事が出来るようになりつつあるので、美容師としての仕事が本当に楽しい

このデトックスハーブカラーの完成は自分の力で築いたので誇りをもってお客様に提供しています。

努力は絶対に報われるんです。

だからこそメーカーさんも信念をもって素晴らしい商品を今後も作っていってほしい。

本気でそう思います。

お客様は何気なくしてると思いますが、裏ではこんな悪戦苦闘の日々を乗り越えて完成したカラーシステムなんですよ☆彡

まだまだ可能性あるシステムなので今後ももっと追求していきます(^^♪

 

 

ハーブカラーの使いこなしたいと検討してる方は講習もしてます♬

美容師さん講習依頼

ハーブカラーデザイン集

Wカラー

 


ファッションカラー

 


グレイカラー(白髪染め)

 

白髪が多い方は全頭ハーブカラーでも明るい色から自然な色までコントロールできます(^^♪

 

 

さらにHC染料など混ぜて、ハーブカラー単体では出せなかった色合いも追及していますので今後が楽しみです(^^♪

ハーブカラーの性能を十分に引き出し、もっと広めていきたいと思います♬