髪の栄養素アミノ酸、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール

このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅での薄毛ケアシリーズを行っていますが前回までのあらすじは

入浴の仕方で腸内環境を整える

シャンプーの正しい方法

ここまで実践できれば、あとは内面に入って薄毛予防を行う事ができます。


大分県中津市で髪質&薄毛改善理論を展開中のラフェクレールの和田です(^^♪

今回は内面の栄養素のお話ができればと思っています。

腸内環境や正しいシャンプーが出来てくれば下地が出来たようなものです。

ここからは体を構築する栄養素の役割を理解することで食事にも気を遣うようになってくれればより育毛体質に近づきます。

食事の定義

 

食事はお腹を満たすために食べるのではなく、生命活動に必要な栄養素を取ることである。


髪や体はアミノ酸で構成されてます。

また体内で構築されないアミノ酸を必須アミノ酸と呼びますが、この必須アミノ酸は食事から摂取しないといけません。そして上質なたんぱく質を意識して摂取することで補われます。

アミノ酸は髪を生やすための大本の栄養素と言えます。

何を食べたらいいのか?に悩んだらアミノ酸スコアと言うものがありますので、そちらを参考にされてみると良いかと思います。

個人的におすすめしたいのは「ゆで卵」を毎日1つ食べる事。

卵はアミノ酸スコア100点ですし、脂質やビタミン、カルシウムなどのミネラルも豊富に含まれてる栄養爆弾なんです^^

ある研究機関でも、毎日食べた人と食べない人では健康面でも大きく差が出るとか?


5大栄養素にもなってる「たんぱく質」「ビタミン」「ミネラル」をまずは意識して摂取することは髪を育むのに必要になる栄養素でもあるので是非意識してみてください♪

あとは女性は興味あるけど、男性はどうかな?

男女問わずに皆さんはポリフェノールを意識して摂取していますか?

体の抗酸化作用があるポリフェノールは体のサビ化を防ぐだけではなく、栄養素の吸収を良くする効果もあります。

目に見えない内面をどのように意識して改善できるか?が実はとても重要にもなります。

体質を心底変えるには1年以上はかかると言われてますので、信じた人しかできないですよね。

また髪を育む以上に健康も手に入るし、当店では私が選び抜いたサプリの販売もしています。

案外即効性が高いので売れ筋になりつつもありますので、内面を変えていきたいと思えばサプリに頼るのもありかと思います(^^♪

これからは食事にも気を使い、健康な頭皮を手に入れてくださいね(^_-)-☆

次回は

薄毛の天敵、ストレスの概念について掲載しようかと思います♪

是非お楽しみに~

(Visited 44 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です