紫外線と抜け毛薄毛のとの関係性

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラフェクレールの和田です(^^♪

最近は抜け毛や薄毛の予防法の研究、体質改善の模索などを勉強して如何に薄毛に悩まずに人生を楽しめるか?テーマは「自家育毛体質」と治療法の確立も頑張ってます~♪

今回はこの時期から意識してもらいたい予防です^^

何から守りたいか?と言いますと。。。

紫外線です💦

気象庁のデータでも3月から急激に強くなり、5~7月にかけてピークを迎えます。時間帯も10:00~14:00頃までが最も強いみたいです。

美肌意識の高い方は紫外線対策を行っている方も多いと思いますが、あまり気にしてない方も多いのではないでしょうか?

では紫外線と抜け毛の関係性について

紫外線は活性酸素を発生させると言われてますが、この紫外線が頭皮に及ぼす影響というのは頭皮がダメージを受けるとまず皮脂の分泌が過剰になります。これは頭皮を刺激から守ろうとする防衛反応みたいな物で皮脂を増やすことで刺激から守ろうとするんです。

この皮脂が増える事で様々な悪影響が出てきます。

  • 常在菌の「マラセチア菌」が過剰に繁殖し頭皮が炎症します。最悪脱毛症の原因にもなります。
  • 毛穴が皮脂に覆われて太い毛が生えにくい環境ができます(抜けやすい髪が生える)
  • 皮脂腺から分泌されるリダクターゼの量も必然的に増え、AGAの悪化も招く可能性もでてきます。

と、簡単にあげるだけでもこれくらいあります。

紫外線を必要以上に浴びると様々な悪影響も出てきそうです。


紫外線対策(気象庁でも紫外線対策のマニュアルあり)

 

  • 頭皮用の日焼け止め(紫外線吸収剤の入ったものは避けて、紫外線散乱剤の物がおすすめ)
  • 日傘
  • 通気性の良い帽子をかぶる
  • 紫外線の多い時間帯は日陰を歩くなど(外出は控える)

当店でも頭皮の負担を減らす成分でできてる日焼け止めも販売してますので、紫外線対策したい方は是非検討してみてください^^

少しでも意識することで抜け毛予防にもなりますので、ぜひ意識してみてください~(/・ω・)/

最後まで読んで頂きありがとうございました~

(Visited 52 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です