縮毛矯正やカラーをしててもダメージは抑える事が出来ます♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

大分県中津市で髪質&薄毛改善を追求してるラフェクレールの和田です(^^♪

髪質改善の記事ばかりですが、縮毛矯正も結構得意だよって記事です。

髪質改善をしていても、お客様の髪質によtっては縮毛矯正も必要な方も居ます。

ですが、皆さん口を揃えて言うのは。。。

縮毛矯正は傷むから。。。そんな方には朗報な記事かもしれません。

縮毛矯正もする。カラーもする。確かに傷みやすい条件が揃うので繊細な状態になるのですが、、、

要点を抑えてダメージを最小化さえできれば気にするほどのお悩みにはならないと思います~

丁度1年前から髪質改善を行ってきたお客様が縮毛矯正をしたいとご来店くださいました♪

それを参考に説明していこうかな?と思い画像を揃えてみました~


カラーはダメージを最小にしながらのハイトーンの髪です。

ブリーチの一歩手前の明るさです。

参考画像をどうぞ~

写真では伝わりにくいかもしれませんが、根本の膨張と微妙に残る悪化した毛で跳ねる状態です。

中々強いクセの持ち主にはなります。

カラーもかなり明るい色を希望してきてます。

次にスコープでたんぱく質量を確認してみましょう~♪

まず初めに根本画像

筒状の中に白い線が綺麗に一本に繋がってるのがたんぱく質です。

ハイトーンで染めてるわりに綺麗な状態だと言えます~

さすがデトックスハーブカラーの性能は優秀ですね☆彡

ほぼ健康毛の状態です♪

続いて中間部分も確認してみました。

先ほどの画像とも遜色ない綺麗なたんぱく質量だと言えます。

ここまでは当店でカラーした履歴になります。

根本から10センチほどの部分ですね。

最後に毛先を確認。

修復しながらカラーもしてきたのですが、たんぱく質が切れてる部分もあります。

一番注意はこの毛先かな?

とりあえずは薬を調合し、ダメージに合わせて塗り分けて最小限に縮毛矯正をしていきます。


仕上りはこんな感じ♪

相当に艶感も出てくれました(^^♪

手触りもサラサラになり本人も満足してくれた模様。

どうやら以前縮毛矯正で髪が相当傷んでしまいトラウマになってるみたいです。

では内部の画像も比べながら確認してみましょう(^^♪


施術前の根本画像↓

施術後の根本画像↓

そこまでの変化もなくダメージを最小にできてるかな?


続いて中間画像の施術前↓

施術後の中間画像↓

ここもたんぱく質量の変化はありません。


最後は毛先の施術前画像↓

施術後の毛先画像↓

ほぼ完ぺきにダメージを最小化しノンダメージで行けたのではないでしょうか?

機械は嘘をつかないので安心です^^


完璧に髪がダメージして死んでる参考画像↓

これは先日来たご新規様です。

カラーしかしてないみたいですが見事に髪のたんぱく質がありません。

(筒状の中がガラスのようになり、白い線が全くありません)

まあ、大体の方はこんな感じ来てるのでやはり薬品を使うときは注意もいります。

ここま綺麗にたんぱく質がなくなればデザインも全くまとまりません。

しかも、こうなった髪は2度と良くならないのでいつか切るしかありません


当店では縮毛矯正をやる方は本当に少ないのですが、実は相当こだわってやってます(^_-)-☆

また縮毛矯正に悩んでるご新規様にお願いがあります。

ご新規様での縮毛矯正のご予約は基本取っていません。

いくつか理由があるのですが

  1. ダメージの具合で縮毛矯正が出来るかが分からない
  2. 癖の兼ね合いで必要かもわからない
  3. もともと癖ではない
  4. もし縮毛矯正枠を取っていても髪の状態で出来ない場合断ります。この場合のうちの損失が相当大きい(ほかのお客様を断らないといけないので。)

まずはカットなりカラーなりで1度髪質の状態を見極めさせて頂けたらと思います。

また、カウンセリング時間を長引かせないためにセットはなるべくして来ないでください。

寝癖のままでも何でも、ありのままでまずは来てください。

通常の状態で綺麗な髪に導くのが私の仕事なのでご安心ください(^^♪

これらを守れば変なトラブルにもならないので宜しくい願いいたしますm(__)m

(Visited 35 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です