自宅での薄毛ケア正しいシャンプーの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でも育毛体質にする為の生活習慣について前回から掲載していますが

ご覧になってない方は↓からどうぞ^^

自宅での薄毛ケア入浴方法で腸内環境アップ

前回に続いて、次に重要なのがシャンプーの正しい方法です


大分県中津市で髪質&薄毛改善の研究してるラフェクレールの和田です(^^♪

シャンプーについては以前からも掲載はしているのですが、正しいシャンプーができてないと脂漏性の頭皮になり、毛穴も塞がり抜け毛の原因にもなります。

なので正しいシャンプーを今回解説したいと思います。


シャンプー前に皆さん髪を濡らすと思います。それからシャンプーして、流して終わりって方が結構多いのですが、、、

皆さんは湯シャンと言う言葉を知っていますか?

シャンプー前の予洗いで湯シャンをしてあげるとそれだけでも頭皮の汚れが70%も落ちるんです(^^♪驚きですよね~

この湯シャンにはいくつかのポイントがあります。

  • 温度は人肌の38度前後(熱めのお湯は頭皮を乾燥させてしまいます。)で行います。過剰に分泌された皮脂はシャンプー剤で取り除くことが不可能で、基本的に皮脂は38度以上のお湯で分解されます。熱すぎてもダメ、ぬる過ぎてもダメ。適温で行うことをオススメしています。

 

  • 湯シャンはゴシゴシ爪を立てたり、摩擦を起こさない程度に満遍なく行います。髪の薄い方はマッサージを全体にする感じで行うのがベストですね^^

 

  • 基本的に3分~5分かけてゆっくり行います。

 

この動画を参考にされてくださいませ(^_-)-☆


湯シャンが終われば次はシャンプーです。

シャンプーは生え際からつむじに向かって行います。

これも湯シャン同様、頭皮を労わって行います。

最後に泡を流すのも湯シャン同様しっかりと流してください(^^♪


注意事項としてあるのは頭皮の状態ですね。

頭皮を見て、赤く炎症を起こし大きなフケが出てる場合は脂漏性皮膚炎などになりかけてる状態です。

この場合、頭皮の洗浄のし過ぎなので行きつけの美容室などで頭皮に優しいシャンプーを買うようにしてください。

また栄養失調の方など脂漏性になりやすいので野菜などしっかり食べてビタミンを補給してあげてください^^

僕もそんなお客様にアドバイスしてますが、だいたい1週間ぐらいで改善されてますので(`・ω・´)b

この状態が続けば最悪、円形や脱毛症にも成りかねないので早めの対処をおすすめします。

健全な頭皮を皆さんも手に入れて健康な髪を生やしてくださいね^^

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

(Visited 18 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です