経皮毒って?本当の所どうなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に耳にした経皮毒。案外色々な意見が飛びあってる感じがしてますね。。。

皆さんは、この経皮毒どのように考えてますか?

信じる?信じない?

僕も昔本などを買って読んで少し勉強しました^^

髪質改善の概念からですが、この経皮毒について僕なりの見解をお伝えできればと思います~


大分県中津市で髪質改善理論を追求しているラフェクレールの和田です~♬

今日たまたまお昼時に経皮毒の話になって、現在様々なブログが上がってるらしいので検索してみたら結構ありましたね。

経皮毒を知らない方の為に

経皮毒:石油系界面活性剤とか防腐剤など、体に良くないとされる成分が皮膚から吸収され害を与える物質

何となくこんな感じだったかな?と思います~

んで、この経皮毒を肯定するエビデンスはなく、迷信じみたお話と意見も分かれてる所です。


これ僕からしたら本当な所

経皮毒がどう、この物質がどう。。。

この論争は正直どうでもいいです。ただの言葉の論争(科学的には必要な事かもしれませんが、それは科学者に任せましょう)にしか聞こえないから。

ただ僕なりの経皮毒に近い考え方はあります。


大体、あげられてる物質は刺激性が強いものや体に悪いものの物質だと思うんですが、、、

これらをお肌に使用(添加物などの多い食事)することで、細胞にストレスがかかると活性酸素が発生してしまいます。

この活性酸素が過剰に分泌されると病気やシミ、しわ、薄毛など体に様々な悪影響が出てきます。

正常に分泌されるなら活性酸素も防御システムなので必要なのですが、過剰に分泌されるとかなりマズいって事です。

あの人に害はないから皆大丈夫!ってな事にはなりません。

要は免疫のある人なら問題はないけど、活性酸素の蓄積による細胞の老化が起こることでいずれは害になる可能性も出てくるって事になります。


病気にならないように生活習慣や食事も見直すように、普段使ってるものが合わないなら刺激性に負けてることも否定できないので見直しは必要になります。

ただでさえ活性酸素はたばこや紫外線、大気汚染などでも増えると言われてますし

なるべく体にいいものを使う事は、予防の観点からは無視できない考えでもありますよね(/・ω・)/

だけど、、、

この物質はいい!とかでの判断も危険です。

合う合わないは体質、肌質などに大きく関わってくるので科学的根拠のもとで最適なものを選ぶ考えが一番大切だと思います。

なんでもバランスが一番大切って事ですね♬

自然治癒を高める生活が一番大切だと思います^^

最後まで読んで頂きありがとうございました~

(Visited 34 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です